リプロスキン 化粧水 浸透

リプロスキンは肌にしっかりと浸透する優れた化粧水である

 

肌というと表面の肌として表皮(深層、基底層、有棘層、顆粒層、角質層)このような順番で構成されています。そしてこの層は真皮と比較すると主に大事になってくるのがバリア機能。外的刺激から肌を守る役割ですね。そして、リプロスキンというとこの表皮に関わってくる部分が多いです。リプロスキンはニキビ専用の導入型化粧水として数ある化粧水の中でもトップクラスの効果と口コミの評判で人気が高いですがこの表皮への浸透効果が凄いと考えられます。そして、この肌細胞の表皮にしっかりと浸透する成分でないと意味はなく、更に浸透した成分に効果がなければ肌につけたとしてもニキビやニキビ痕の減少、解消には至らないです。この部分を両方ともクリアした化粧水がリプロスキン。リプロスキンの場合は成分もしっかりとして考えられて使用されています。

 

”有効成分
・グリチルリチン酸ジカリウム・水溶性プラセンタエキス

 

その他の成分
・水溶性コラーゲン液-4・加水分解コラーゲン末・ヒアルロン酸Na-2・加水分解ヒアルロン酸・アロエエキス-2
・ゼニアオイエキス・海草エキス-1・大豆エキス・ワルテリアインディカ葉エキス・デキストリン・酵母エキス-4
・米ヌカスフィンゴ糖脂質・D-マンニット・濃グリセリン・水添卵黄レシチン・卵黄リゾホスファチジルコリン・リン酸3Na
・無水クエン酸・グルコン酸Na・クエン酸・クエン酸Na・POE水添ヒマシ油・フェルラ酸・BG・1,2-ペンタンジオール
・フェタキシエタノール・ソルビン酸K・精製水・香料”

>>詳しくはリプロスキンの成分について

 

 

化粧品は当たり前の話ですが、成分が命。次に成分配合量。他にはその会社独自の製作技術が肝となってきます

 

ただ消費者からすれば、”コスパが良い物”が一番だと思います。この点に関してニキビ専用の化粧水としてはリプロスキン化粧水はコスパが非常に高い。ただちょっと注意点がありますが「コスパが良い=安い」というわけではありません。あくまでリプロスキンの場合、効果がしっかりと現れていてそれに対して色々な化粧水と比較して値段と効果のバランスが高いという意味合いです。

 

例えば化粧水を「これけっこうお買い得だからこれにしよっ♪」と思って購入しても効果が全くなければそのお金を捨てたようなものです。

 

なので、化粧品は特にそうだと思いますが「効果があるのか?ないのか?」を先に見極め購入しないとどれもいけないと思います。

 

この点リプロスキンの口コミやレビューでは「色素沈着が薄まった」という声や「化粧が最近軽くなった」、「毛穴周辺の皮膚組織も潤ってきた」などの意見が多くリプロスキンの実感力は使用してみればわかりますが、高いです。リプロスキンに対して悩んでいる人疑問が拭えない人は他の記事もお読みください。

 

 

>>リプロスキンのその他細かい効果について