リプロスキン 注意点

リプロスキンを使用する際の絶対的注意点

 

 

リプロスキンを使用する際に意外な盲点として注意しなければいけないことがあります

 

それはリプロスキンを使用してからのことです

 

リプロスキンは導入型の柔軟化粧水。
いわゆるオールインワン化粧品、スキンケアでいうところの「化粧水」⇒「乳液」⇒「美容液」⇒「クリーム」でいうところの「化粧水」の役割のみを担っています

 

なのでその後の”保湿”をしっかりとしないと肌が傷つく可能性が高いです。

 

 

傷つくというと、大げさかもしれませんがしっかりとした保湿が必須
場所にもよりますが、乾燥が非常に強い場所にいるとリプロスキンを肌に浸けてもその成分がすぐに蒸発するとともったいないです。

 

 

なので、乳液や美容液、クリームなどでしっかりと保護、肌にいれた化粧水にフタをしてあげないと蒸発してリプロスキンの効果がなくなってしまいます。
この点は絶対に守ってください

 

保湿はオールインワン化粧水でも可能

 

 

 

リプロスキンはオールインワン化粧品でないのでは現在スキンケアでご自身が使用している乳液やクリーム、美容液で保護することが必須です。
毛穴乾燥を防ぐ上でも大切ですし、ニキビ原因も防ぐのには有効です。

 

ホルモンバランスやニキビ予防、乾燥悪化や炎症悪化にも肌荒れも薬用リプロスキンとの併用は有効です。

 

もし乳液や美容液、クリームがない人は最悪オールインワンで保護する方法もできますが、季節や肌によって変えたほうが良いかもしれませんね
春や夏、秋はオールインワン化粧品でも全然大丈夫です。

 

 

ただ肌が非常に弱いタイプで冬では保湿美容液でリプロスキンを保護してあげたほうが、
リプロスキンの成分効果が肌に閉じ込められている時間が多少長くなると思います。

 

 

 

やはりオールインワン化粧水の場合はオールマイティーではありますが、その反面で器用貧乏であることが多くしっかりとした保湿ができない可能性の方が高いです。
本当に良いオールインワン化粧品であれば別ですが、できれば美容液、クリームでの単体の保護をお勧めします

 

 

あと肌の蒸発保護としてはやはり表皮の部分の保湿力の要であるセラミド入りが最も適していると考えられます。

 

コラーゲンやプラセンタ、アラントイン、エラスチンなども肌の弾力やハリの保護としては良いですが、肌全体の水分蒸発を防ぐという意味ではやはり表面の部分表皮を保護するセラミド入りがなんだかんだ一番だと個人的に思います。

 

 

なければドラッグストアでお探しいただくか、本サイトでもおすすめのセラミド入り化粧品を追記いたします。
以上のことをリプロスキンを使用する一連の流れの作業の一環としてしっかりと覚えておいてください。

 

 

 

>>リプロスキン 購入金額
>>リプロスキン 店舗