リプロスキン ジュエルレイン

ジュエルレインとリプロスキンってどっちがいいの?

 

ジュエルレインとリプロスキンはどちらもニキビをケアする化粧水としてかなり人気が高いですね。
ニキビに関しての売れ行きと実績からすれば文句なしに素晴らしく高い化粧水

 

ただジュエルレインとリプロスキンってどっちもニキビケア、炎症、ふきでものに効果の高い化粧水として非常に有名です。

 

そして、このリプロスキンとジュエルレインは実は同じ会社で作られている化粧水です。なので製法もリプロスキンの化粧水で特徴の一つである「浸透力の技術」に特化して作られた製品です。化粧成分でわかりにくいことの一つに実際の浸透具合が非常にわかりづらいと思います。というよりもこれは色んな化粧品にいえることですが、「肌に付けた後の効果」についてはわかりません。

 

顕微鏡で超微細粒子を確認しなければ目で見えないと思います。そして、成分を肌に浸透させることは思ったよりも難しいことです。成分によっては化粧品に配合されているものでも肌に浸透されないものも実は多くあります。この辺がメーカーの「技術と力」になります。その点リプロスキンとジュエルレインの化粧品は同じ会社で実績の信頼がある潟sカイチという法人が作っている商品なので、安心感がありますし、また既に高い評価の口コミやレビューも書かれています

 

リプロスキンとジュエルレインの違い

 

ただ「リプロスキンとジュエルレインの決定的な違い」として用途が違います。

 

リプロスキン=顔ジュエルレイン=背中

 

このように使う部位が違うのでこの辺は用途を分けてご購入ください。

 

また補足で顔肌と背中肌の違いってあるの?と疑問に思われている人もいるかと思います。この辺の違いは「身体の皮膚のほうが角質層が厚い」ということがあります。触ればわかりますが、顔肌と背中肌では厚みが全然違いますよね。

 

顔肌のほうが薄いためデリケートな状態です。ただここで注意点として、だからといってニキビに関してのみ捉えると一概にどちらが良いともいえません。背中肌の場合のほうが顔肌と比べてターンオーバーが長いため治りにくいとされているため、いざ回復させようとすると時間もかかりますし、また角質層の厚みが大きい分、浸透がされにくい特徴もあります。

 

わかりやすい例でいうと、夏の海で日焼けして顔と背中を比べると顔の日焼けは1日、2日でほぼ治るのに対して背中は4,5日かかるという点から見ても体内構造がそうゆうものであるということです。

 

なので、同じニキビであってもピカイチのリプロスキンとジュエルレインでそれぞれ分けて化粧品が作られている理由がそれにあります。そして、ニキビの炎症やニキビ痕、色素沈着は成分がしっかりと”肌に浸透するか否か”が非常に大事なターニングポイントです。なので確実にニキビ痕や炎症、色素沈着を治したい人はリプロスキンやジュエルレインを使用することをお勧め致します。

 

 

 

>>リプロスキンの購入
>>リプロスキンを使用する際の絶対的注意点