リプロスキン 成分

【成分一覧】リプロスキンは何が入っている?

 

リプロスキンの成分一覧


有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム・水溶性プラセンタエキス
その他の成分:水溶性コラーゲン液-4・加水分解コラーゲン末・ヒアルロン酸Na-2 ・加水分解ヒアルロン酸 ・アロエエキス-2 ・ゼニアオイエキス ・海藻エキス-1 ・大豆エキス ・ワルテリアインディカ葉エキス ・デキストリン ・酵母エキス-4 ・米ヌカスフィンゴ糖脂質 ・D-マンニット ・濃グリセリン ・水添卵黄レシチン ・卵黄リゾホスファチジルコリン ・リン酸3Na ・無水クエン酸 ・グルコン酸Na ・クエン酸 ・クエン酸Na ・POE水添ヒマシ油 ・フェルラ酸 ・BG ・1,2-ペンタンジオール ・フェノキシエタノール ・ソルビン酸K ・精製水 ・香料

 

上記がリプロスキンの成分一覧ですね。非常に多くの美容成分が入っています。中でも「プラセンタエキス」「コラーゲン×2」「ヒアルロン酸×2」はお肌のプルプル感、ハリ、ツヤに非常に重要で有名な成分で真皮に対して効果を促す成分のため本当に大事なものです。美肌成分の配合量は申し分ないです。ニキビケアに特化した製品ということが確かにうなずけます。

 

ただ気になるのが、「水添卵黄レシチン」「POE水添ヒマシ油」この2種です。

 

これは”合成界面活性剤”です。

 

合成界面活性剤

 

これは肌に対して敏感な女性は誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、あまりお肌に良い成分ではないと言われている成分です。カンタンにいうと、「本来は混ざり合うことがない水と油をくっつけてしまう成分」であり良いイメージがありませんね。ではリプロスキンに含まれている2種の合成界面活性剤を含んでいるリプロスキンも悪いのか?
と疑問に思われる人もいると思いますが、これら上記2種の合成界面活性剤は比較的数多くの化粧品に使用されています。

 

人体への安全性が高いため多くのメーカーでも使用はされています。水添レシチンに関しては無添加化粧品でも使用されていることもあるくらいなので平気と言えます。これらの成分も細胞間脂質でつなぎやく浸透の役割や乳化剤の一つとして使用されているメーカーもまだまだ多いです。どちらも肌に対して毒性や副作用の心配はなく、一般的に無害とされている成分です。

 

それ以上にリプロスキンの場合は美肌やニキビに対しての効果の高い成分が非常に多いため、キレイ美肌を追求される人へはおすすめです。

 

 

 

さらに詳しいリプロスキンのトップページへ