リプロスキン 保湿

リプロスキンは保湿性高いのか?

保湿性についてリプロスキンはどうなのか?
ということに関してはあまり高いというわけではないと思います。

 

 

この理由はそもそもリプロスキンは”浸透力”と”ニキビ、ニキビ跡”、”色素沈着”に対して効果の高い化粧水として作られているため私の中では保湿性に関しては高いという実感は特にありません。

 

 

しかし何も保湿性ががないというわけではありません。

 

成分

 

 

保湿成分としては、低分子コラーゲン、低分子ヒアルロン酸、ホメオシールドなどがあります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は元々肌の弾力を作る元で、肌表面の保湿効果も高めるといわれています。

 

さらにそれが低分子のため角質層、真皮層まで場合によっては浸透してくれる可能性もあるのでこれらは保湿効果は期待できるといえます。

 

一方ホメオシールドも角質を安定させたり、持続力も高く保湿効果も定評があります。

 

 

 

 

なので、これらの成分を考えるとリプロスキンも保湿効果はある程度持っています

 

 

 

ただ、リプロスキンは「導入型柔軟化粧水」のため肌を柔らかくして浸透力を高めることに特化したものです。
つまり保湿が専門ではありません。
そのためリプロスキンはあくまで化粧水なので水分の割合が多くなっているためあまりこの部分は考えないほうが良いです。

 

 

化粧水自体、用途として保湿を期待するのは少し違いますので。

 

 

 

なので、保湿?に関してはリプロスキンを塗った後に乳液やクリームをつけてフタをする、あるいはオールインワン化粧品をその後塗ったほうが良いです。

 

 

一番のリプロスキンの肝は保湿ではなく、あくまで肌の角質層、表皮層、真皮層などへ成分が浸透していくのがウリです。実際良い美容成分でも中々お肌にしっかりと浸透してくれている化粧品は世の中に何個あるかどうかは一般的には見えないものだと思います。

 

 

 

 

 

この部分がリプロスキン素晴らしいです
高い技術力で肌の奥まで浸透する力が優れているため、ニキビケア化粧水としてとても高い人気を誇っています

 

 

 

なので、リプロスキンの高い浸透力と上質な成分をキッチリ閉じ込めることができる保湿化粧品(乳液、クリーム、美容液等)をお肌につけてニキビケアをするように心がけてください。

 

 

※成分を肌の奥まで浸透させるという事はあまり大々的に知られていませんが、化粧品の特性としてはめちゃくちゃ大事なことです※

 

 

 

>>リプロスキンは効果ないよ。酷い騙されたというクチコミについて
>>リプロスキンを購入前に見たほうが良いページ