リプロスキン 副作用 治り方

リプロスキンの副作用。治り方について

 

 

リプロスキンを使用してて最近気づいたことがあるのでこちらで述べていきます。
まず「リプロスキン 副作用」という検索についてですが、
これは間違いなく有り得ないです(笑)
副作用という意味自体が成り立ちません。

 

 

そもそも肌に浸けるもので副作用ということ自体が表現として不適切だなぁと感じました

 

 

ただこれはおそらくリプロスキンを購入されようとしている人が少し購入前に心配になって検索されたものだと思います。

 

 

副作用というと食べ物やサプリメントであればあり得ることだと思いますが、リプロスキンに至っては肌に浸けても良い影響はあっても悪い影響はないです。

 

 

ただリプロスキンは使い方を間違えてしまうと効果がハッキリされてしまうので、その点は注意が必要です。

 

 

リプロスキンの正しい使い方についてはこの記事をご覧ください。
リプロスキンの効果的な使い方

 

 

リプロスキンのニキビの治り方は?

 

リプロスキンを浸けてニキビがどのように治っていくのかを自分が今まで肌に浸けていて思った印象を書きます。

 

 

 

それはニキビの種類や色素沈着、シミ、ニキビ跡によって全く違うということ。
例でいうと
軽い色素沈着やシミであれば薄〜くそのまま消えていくといった印象」や、
ニキビがある程度膿んでいるような状態であれば、少し膿が酷くなってから徐々に薄まり、縮まっていく印象」があります。

 

 

おそらくリプロスキンによる成分効果で肌のバリア機能やターンオーバーが促進され徐々に化膿された膿が解消されていくのかなと思います。
(赤ニキビ、黄ニキビは特にそんな印象)

 

 

 

表現としては子供の頃転んで怪我した箇所は一度グジュグジュに膿んでから、その後肌がキレイになっていく過程と同じです。
おそらく細胞が自己回復しようとしている最中なんだと思います。

 

そして、もしかしたらこの部分で
リプロスキンの副作用を感じた人も中にはいるのかもしれません。

 

リプロスキンも治っていく効果の段階でそれがあります。

 

 

一方、色素沈着やシミはそのまま薄まっていくような印象があります。
ただ若干シミはちょっと変色してから消えていくような印象があります。

 

 

あとニキビが酷い人は1ヶ月くらいでは、リプロスキンを浸けても完治は難しいと思います。

 

私も試みたのですが、大体リプロスキンを使用して2ヶ月くらい経つとニキビになっている部分の膿や酸化して固まったカサブタみたいなものが徐々に減少していくようなイメージです。

 

 

ニキビが酷い人は3〜4本はリプロスキンが必要じゃないかなと思います。

 

 

なので、こういったところがリプロスキンを使用して悪化し副作用として捉えた人もいるかもしれません。
あとリプロスキンを使用した場合は必ず保湿は必要です。

 

 

 

マストと考えた方が良いです。

 

 

 

特に乾燥肌、敏感肌の人はキッチリ保湿したほうが良いです。

 

 

 

これらをしっかりとやりさえすれば肌は改善されていくように実際使っている私も感じています。

 

 

 

リプロスキンを使用して副作用や悪化したというクチコミはほぼ絶対にないと私は思っています
そういったものは、他の化粧品のほうがよっぽどその可能性は高いと思います。

 

最後にもう一度言いますが、リプロスキンに副作用は考えられないです。

 

ただリプロスキンの性能に関してを誤解や勘違いがあるかもしれないので、
そう思った人は本サイトの別記事もお読みください。

 

>>赤ニキビ跡とリプロスキンについて