リプロスキン 炎症

ニキビ炎症を防げるのか、リプロスキンよ

 

リプロスキンを使用していればニキビの炎症なども防ぐことは可能だろうかと疑問がよぎりますね。ニキビ痕を気にされている男性や女性の方に非常に人気な化粧品。でもせっかく買ったはいいが「なにコレ!使えないじゃん!」なんてことになったらショックだと思います。

 

でも、リプロスキンはニキビ痕や炎症を和らげる化粧品として人気です。その理由は以下の効果が主に働いています。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

これはリプロスキンの有効成分として、水溶性プラセンタエキスと並んで表示されている主成分の内の一つです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムというと、時々ほかの化粧品などにも使用されていることもあり見たことがある人もいるんじゃないかと思います。

 

この成分は漢方の原料の甘草の根に含まれている成分として知られており、それが抗炎症作用を持っていて炎症を防ぐ効果がある成分として有名です。

 

 

 

そのため、炎症を防ぐ効果も期待されていますが、赤ニキビにも効果が高いと成分として知られています。

 

赤ニキビといえば炎症ニキビとも言われることもあり、白ニキビや黒ニキビと比べてみても治すのに結構難しいニキビとされていますね。

 

赤ニキビが出来た場合人によっても症状が違いますが、けっこう酷い場合の例だとただれたような見た目になってしまい、できてしまった人からすればリアルに治さないとホントにマズイと思われるかなと予想できます。

 

 

 

このようにグリチルリチン酸ジカリウムは赤ニキビの炎症を和らげる、抑える効果は期待されていますが、予防までは難しいと言われています。ですが、リプロスキンを購入されようと考えている方は赤ニキビの予防策というよりも、赤ニキビが出来てしまっているからその解決策が欲しいと思いますので、その点は大丈夫かと思います。

 

 

ニキビの予防策は洗顔〜正しいスキンケアをやることがなによりの解決策だと思います。

 

 

余談で水溶性プラセンタエキスもさらに炎症ニキビ痕に良いですよね

 

 

実際直接的な炎症対策としてはグリチルリチン酸ジカリウムですが、プラセンタエキスもニキビ痕に関しては非常に良いバックアップをしてくれてます。

 

プラセンタの効能といえば、肌の奥の真皮に存在するヒアルロン酸が含まれているといわれていて、同じくヒアルロン酸と同様に美肌に欠かせないハリの素コラーゲンの生成も一躍かっていたり非常に有名な成分ですね。

 

ちなみに、抗炎症作用、抗アレルギー作用、ホルモンバランスの調整も期待されているので、炎症対策としてはかなり重要なポストです。

 

 

 

 

このように二段構えでニキビの炎症や肌トラブルに特化しているニキビ痕専用“導入型柔軟化粧水”のため非常に使用者からの人気も高いわけです。

 

 

>>リプロスキンの効果的な使い方
>>リプロスキンは凸凹肌には効果があるのか?