ルナメアAC リプロスキン 比較

ルナメアACとリプロスキンを比較

 

ルナメアACとリプロスキンはどちらもニキビ化粧品として有名です。
この2つは他のどのサイトでもトップクラスのおススメ上位ランクに位置するニキビ化粧品としてはかなりの人気を誇っています

 

ただどちらが良いのか?
わからない人が多いと思います。
そこで、ルナメアACとリプロスキンを比較してみました。

 

 

今ニキビケアを病院や美容外科で処方する以外の方法で考えられている人は効果的な化粧品だと思います。

 

 

ルナメアACとリプロスキンはニキビに効果があったと言う口コミが多い数少ないニキビケア化粧品の商品です。
もちろん治らなかったという人もいらっしゃりますが、
それでも可能性の高い化粧品であることは間違いないでしょう。

 

 

ルナメアACとリプロスキンを比較してみましたので悩んでいる人はご覧ください。

 

 

ルナメアACとリプロスキンを比較

 

 

まずルナメアACとリプロスキンを比較した場合に違うのが
【ルナメアACはスキンケアシリーズとしてニキビ対策する化粧品】で
【リプロスキンは主に化粧水としてニキビ対策する化粧品】という違いがあります。

 

ルナメアAC クレンジングオイル(化粧落とし)

 

ルナメアAC ファイバーフォーム(洗顔料)

 

ルナメアAC スキンコンディショナー(化粧水)

 

ルナメアAC ジェルクリーム(美容液)

 

 

上記4種類で分かれています。

 

 

それぞれニキビケア製品として特化したものとして一連のスキンケアでニキビを解消していくような目的で作られているようです。
なので、ルナメアACはこのシリーズを全て使うことにより効果がより高まるようなイメージの化粧品です。

 

ただし、もちろん単品ごとでの購入も可能です。

 

 

それぞれが2000円〜3000円の間で販売されていますので、
合わせて1万程とお考え頂いたほうがよいです。
各種とも販売サイトによって値段はマチマチなのでおおよそ目安でお考えください。

 

 

ちなみにルナメアACは限定品にはなるのですが、
各種をそれぞれ14回分のお試しサイズでキャンペーン価格で試すことができる購入の仕方もあります。

 

 

しかも、限定で1080円でお試しが可能なので気になる人が下記のページをご覧ください。

 

ちなみにリプロスキンに関しては化粧水のみです。
リプロスキンに関してはこの記事よりもより詳しく書かれている
リプロスキンの効果的な使い方】の
ページを読んでいただいた方がわかりやすいと思います。

 

 

ルナメアACとリプロスキンはどちらがニキビ効果が高いのか?

 

実際どちらもニキビケア化粧品としては評判は高いです。
ニキビには特に重要な浸透技術もどちらも優れていますし、
しっかりと研究されている会社だと感じます。

 

 

ルナメアACは富士フィルムが作った化粧品です。信頼度も強いです。
ルナメアACとリプロスキンのニキビ効果の参考として口コミを載せてみました。

 

 

・シリーズで使用し始めてから3ヶ月ほどで生理前のニキビ痕が徐々に薄まってきたのを感じます。あとは肌全体も赤みやシミが引いてきました

 

・保湿力が足りないように思えます…

 

・口コミを見ていると敏感肌の人には合わないコメントがありますが、私の場合は乾燥肌ですが、特に問題ありませんでした。浸透力は高いように思えます。

 

・信じてシリーズを3ヶ月間使い続けたのですが、あごニキビがしっかりと治りました!

 

 

上記のような口コミがありました。
合う人合わない人はいましたが、
それでも8割の人はルナメアACで効果があったという口コミでした。
やはり総称してみると評判は高いようです。

 

 

ちなみにリプロスキンについては、
リプロスキンの口コミに載せてありますので詳しくはご覧ください。

 

 

 

ニキビケアではどっちを使うべき?

 

リプロスキン(ピカイチ)、ルナメアAC(富士フィルム)
どちらも素晴らしい会社で研究されてニキビ化粧品としては評判は高いです。

 

分類もリプロスキンは化粧水単体で、
ルナメアACはスキンケアシリーズなので比べにくい部分はあります。
なので、選び方としては

 

【ルナメアACは今使っている化粧品に特にこだわりがない人でニキビをとにかく治したい!という人向け】

 

【リプロスキンはニキビで一番大事なのは化粧水だしその最高峰の物を使いたい!という人向け】

 

だと思います。

 

 

やはり化粧水単体で考えれば、
美容専門のリプロスキンの35年の浸透技術から作られた化粧水は非常に有効だと思いますし確かに使うと違います。

 

 

ですので、用途を確認し選んでみてください。