サイクルプラス リプロスキン 比較

サイクルプラスとリプロスキンを比較

 

サイクルプラスとリプロスキンはどちらの方が化粧水として優れているのか?
をテーマにしました。

 

ちなみに先にサイクルプラスについて特徴を書きますと、

 

・定価:2800円
・容量:80ml(1ヶ月分)
・ジャンル:化粧水(美肌目的)

 

これがサイクルプラスのスペックになります。
サイクルプラスは大きな特徴として

非常に高い浸透性
ビタミンCとビタミンE
5種のヒアルロン酸
2種のペプチド

を含んでおり、こだわりの強い化粧水と言えます。

 

 

しかも特徴的なのが「2剤式」であるということ。

 

 

サイクルプラスは「液体と粉」がセットで顔に浸ける直前にこれを混ぜて肌に浸けるという特殊なやり方です。

 

これにより、サイクルプラスの浸透性が一番良い状態でお肌に浸けれるということになります。
これをサイクルプラスは大事にしており、こだわりが非常に強い化粧品でもあります。

 

あとリプロスキンの詳細に関しては、「リプロスキンの効果を写真付レビュー」のページでご覧いただいたほうが非常に詳しくわかりやすいと思います。

 

サイクルプラスの口コミの評価

 

 

サイクルプラスはアットコスメの口コミや他の口コミでも評価は高いです。

 

 

例で言うと@コスメでは471件の件数で7点中5.1点という点数ですので非常に評価は高いです。@コスメの各人気ランキングでも4.5点〜5.5点の点数が主流なのでかなりの高得点となります。例としても

「肌の浸透力は感じるという30代女性が多い」
「肌が柔らかくなったと感じる40代女性が多い」
「お肌がつるつるになってきたという30代後半女性が多い」
「敏感肌と乾燥肌タイプの女性も合うという人が多い」

 

このような口コミが感じられました。
サイクルプラスは評価としては非常に高いと感じます。
もちろん悪い口コミとしても特に何も感じないという意見もありましたが、
やはり多くの人は満足しているようです。

 

 

サイクルプラスとリプロスキンはどちらが良いのか?

 

 

どちらも似たような特徴として、「浸透力が高い」ということが挙げられます。

 

ですので化粧品の価値としてはどちらも高次元であると思います。
肌への浸透を意識した化粧品はよく考えられて作られていると個人的には感じます。

 

 

ただ決定的に違う点は
サイクルプラスは美肌目的の化粧水
リプロスキンはニキビや肌荒れ、赤み、デコボコ解消目的の化粧水
であるということが明確に違います。

 

ちなみにリプロスキンのデコボコ肌への効果についても書いてあります。

 

どちらもサイクルプラスで言えば「美肌」を特化して作られたことは述べられていても「ニキビケア」については書かれていません。

 

リプロスキンも同じようにあくまで「ニキビケア」を特化したもの。
どちらも確かに繋がるものはありますが、ここは分けて考えた方が良いです。

 

ですので、まとめると
美肌目的の人はサイクルプラス
肌荒れをまず解消したい人はリプロスキン
というようにすべきだと思います。

 

 

化粧品は「コレ1本で全てが解決する!」なんて都合の良い物はおそらく存在しません。
それぞれ自分の目的に合わせて一つずつ解決していくことが大事だと思います。

 

 

▼サイクルプラスをもっと詳しく知りたい人へ▼