スキンケア 原因と対策

 

「最近スキンケアしても効果が現れない…」
「それどころか肌がドンドン汚くなっていく…」
「齢のせいかなぁ…」
「使っている化粧品の成分が変わったのかな?」
「もしや使い方を間違えている!?」

 

などいつも通りスキンケアをしていても
肌が汚くなる傾向が酷くなっている人はいないでしょうか?

 

この原因は考えられる要因として
化粧品が肌に合わなくなった
肌が変化してしまった
という2つの可能性があると思われます。

 

 

良く言われることでもありますが、
スキンケアはよく5歳ごとに使う化粧品を変えていかないとダメなイメージはないでしょうか?
それは上記のように肌の変化が原因のパターンが多いです。

 

 

肌の変化とは?

 

 

肌は基本的に齢を取れば取るほど、
肌が固くなってくる”これが一番の原因だと考えられます。

 

お肌を自分で触ってみると、5年前はもっと柔らかくモチっとした感触の肌が今触ってみると「ほんのり固くなり、脂っ気が落ちている」ように感じる人もいると思います。

 

それは肌のターンオーバーが低下している原因でも大きく左右されると考えられます。
そして、一番困るのが”肌へ成分が浸透しなくなること”だと感じます。

 

つまりまとめると”齢を重ねるとターンオーバーが低下し、
肌が固くなり成分が浸透しにくくドンドン肌が悪化する”ということが言えます。

 

 

大事なことは肌を柔らかくするということ

 

このため”肌を柔らかくする”という工程は非常に大事になります。
ですので顔を軽く指でマッサージすることも良いと思います。

 

ただ、それだけだと実際”気休め程度”にしかならないことも言えます。
それほど肌の細胞は細かいですし、
私もスキンケアを勉強したり経験していくことでそれを非常に感じています。

 

そこで有効な化粧品としてはブースター化粧水と呼ばれる角質層へ浸透を高めるものを使うのが有効だと言えます。

 

 

ブースター化粧水の特徴

 

 

簡単に言うと「お肌を柔らかくしてくれる作用」があるということです。

 

固くなった肌をほぐしてくれるようなイメージなので非常に「お肌の悩みにうってつけ」だと言えます。

 

そのため、最近スキンケアしても肌が汚くなり困っている人の原因を解決してくれる化粧水だと言えます。

 

そして、そのブースター化粧水で有名なものリプロスキンと呼ばれるものです。

 

私も使ってみてリプロスキンの効果を素直に感じています。
確かに今まで使った化粧水とは一味、二味違います。

 

リプロスキンの購入情報リプロスキンの浸透力についても本サイトでは記載されています。
気になる人はご覧ください。

 

しかし、肌は30歳を超えて5年ごとに固く変化していくのは実際辛いですね。
肌を柔らかくするという意識は意外にも、肌には一番大事な要素であるということです。