ニキビ 痒い 治りかけ

ニキビ痒いのは?

ニキビってできてしばらくスキンケアしていると、若干「痒くなってくる」という経験はないでしょうか?
私の場合今までニキビはかなり出来てきてその中でニキビが…

 

ニキビ痒い

 

痒くなった
炎症してしまった
色素沈着した
シミとなった
なんとなく自然に気づいたら治っていった
ニキビが酷くなった
ニキビが治った

 

など色々です。

 

 

その中でニキビが痒くなってきた原因で色々振り返ってみると次のような症状、状態のときに起こります。

 

ニキビが乾燥してきた
スキンケアの成分がニキビに合わず悪化してきている
ニキビが治りかけている
徐々にニキビの化膿が薄くなっている状態

 

上記のような感じでパターン化しています。

 

今まで生きてきて、ニキビは何十回も出来てきているのでその過去の経験を振り返ると上記のようなパターンだったと思います。

 

 

ニキビが痒くなる状態のときは治りかけか悪化しそうな時の2つに分けられることが多い

 

上記のように、私の経験上でいうと、ニキビが痒くなるときって大体上記の2パターンに分けられます。
そして、この場合の対処や見分け方って実は難しいです。

 

でもここで間違いをするとニキビが顔にシミついて、後々5年後、10年後のアナタの肌に悪影響を及ぼし汚い肌に変化させてしまう分岐点でもあります。
(私も後悔しているニキビ跡もあります↓)

 

ですので、ベストな方法とニキビが痒くなったときは次のような対処をした方が良いです。

 

 

ニキビが痒くなったらこうするべき

 

ずばりニキビが痒くなったら基本的には

 

触らない!
を徹するべきです。

 

 

やっぱりこれがベスト。
スキンケアを使わないようにするのにも大事かもしれません。

 

特に今使っているスキンケア化粧品で刺激物やあまりこだわりがなく、テキトーに選んだ化粧品であればニキビが痒くなりだした原因がそれである場合もあるので注意してください。

 

もしスキンケアでニキビケアをしたい場合はリプロスキンがなんだかんだおススメです。

 

 

ニキビは痒くなりだしたら基本的には
「良い傾向の状態」であると思っています。

 

経験上8割の確率で良い兆しの兆候なので、できるだけ触らず刺激を与えないようにしてもし触りたいときも指は非常にキレイにしたら綿棒やコットンなど衛生上キレイにして触ることが大切です。

 

本サイトでは潰したニキビに関する記事やニキビの上にファンデーションを塗ったときの是非に関してもかいてあるので興味ある人はご覧ください。