ニキビ 潰す 良い

ニキビは潰すべきか?

 

ニキビを潰した方が良いのか?悩む人はいらっしゃると思います。これについては「ニキビは潰した方が早く治るよ!」という情報もありますし、実際の所「どっちなの?」と迷う人も多くいらっしゃるのかなと個人的に思います。

 

 

学生時代はニキビを潰すことのほうが多かったように思います。個人的にはすぐに潰していました。そして、その後の肌を見ても普通に綺麗な状態だったので、多分正解だったと思います。

 

 

 

しかし、実際はそうゆう状態のニキビって今振り返ると「結果的に良かっただけ」だと思います。これは何故なのかというと、下記の2つになります。

 

 

学生時代にニキビを潰しても大丈夫だった2つの理由

 

 

ニキビを潰しても大丈夫だった理由は個人的には

 

 

・ターンオーバーが活発だった
・白ニキビの状態だった

 

この2つがニキビを潰しても大丈夫だった理由に該当すると感じています。

 

 

実際はニキビでも種類があって白ニキビ(コメド)であれば、
肌の角層が詰まり皮脂が詰まった状態」であるためにそれを潰して空洞を空けてやればそこから膿が出ていくのでその状態であれば平気だったというわけです。

 

でもこれが炎症になってしまっていると、
アクネ菌などの細菌が感染・増殖した状態」に変化したことになるためこれになると薬や化粧水、処方が必要になるというわけです。

 

そして、これが弾けた状態で顔についてしまうとシミや色素沈着してしまい顔が汚れて見えてしまうというわけです。この区別がとても大事ですね。

 

 

なので、学生時代は運よく白ニキビ状態のものを潰していたので、ほとんど大丈夫だったと思います。でもたまに赤ニキビや黄ニキビを潰していたのですが、今振り返るとその状態のニキビを潰すと「痛かった」記憶があります。

 

 

やっぱりその部分はある程度の年齢に達すると目立って残ってしまっています。ですので、学生の人は気をつけるべしですね。

 

 

そして、もう一つはターンオーバーが活発だったため回復力が早かったのも良かったです。やっぱり肌回復力が早い頃はニキビ跡は全然残らない傾向が強いんだと思います。

 

 

20歳後半にもなればこれがウソのように回復しないですよね。真面目に「そうゆう年頃にならないとわからない」ですが、若い時はお肌も身体の回復も本当に速いのが嬉しいですよね。なので、これを見ている人は年相応に対処を変えて気をつけてください。

 

 

化粧水ってニキビ予防に効果あるのか?

 

 

ニキビ化粧水は予防には効果があるのか気になる人もいると思いますが、「あるものはある」というのが正解の答えだと思います。ないものはないですね。リプロスキンは化粧水としては浸透力が強いためやっぱり普通の値段が安い物よりも浸けての浸透力も違いますし、効果は変わってきています。

 

 

人それぞれの部分もありますし、肌タイプやニキビの酷さにもよりますが、やっぱり浸けておいたほうが治る可能性と速さは早いと思います。

 

それは個人的に感じます。

 

リプロスキンを使って私は確かに効果は感じましたが、治るのはすぐには難しいと思います。白ニキビはわりかし早い印象ですが、黒ニキビや赤ニキビは数か月はかかると言えます。個人差はありますが、目安として参考になればと思います。

 

 

ですが、最後に言えることが「くれぐれも赤ニキビや黄ニキビは潰してはならない」と言えます。絶対に齢を重ねると肌を回復しきれない状態に誰でもなりえると思いますので、念のためお伝えしておきます。